ゆめの里について

松本エリアにおいて、
皆さまに安心できるサービスを提供しています

ゆめの里はJA松本ハイランドによって設立され、総合的に福祉介護サービスを提供する社会福祉法人です。

ゆめの里は、皆さまに「安心してご利用いただける」ことを一番に考え、毎日の心を込めたサービスを安定的に提供してまいります。

「経営の安定性」が"心のサービス"の源となっています。

ゆめの里和田は2002年(H14)にJA松本ハイランドによって造られ、続いてその翌年に法人化され社会福祉法人松本ハイランドとしてスタートしました。以降松本地域に施設を増やしながら、JAとしてつちかわれてきた経営力が、ゆめの里の運営にも反映され、安定的で安心できる介護福祉サービスの基盤を作りあげてきました。
そして、ゆめの里のすべてのスタッフが安心して働ける環境を作ることも、利用者やご家族の安心につながっています。

JAの基本理念「地域密着」が、地域と共に進める福祉介護活動につながっています。

「地域密着」はJAの本来の理念でもあります。地域に根ざし、地域の皆さんとともに豊かな社会を作り上げていこうという考え方は、ここゆめの里の運営にも受け継がれ、地域全体として福祉活動を進めていこうという活動につながっています。
こうした考えのもと、ゆめの里では地域の皆さんとの交流も積極的に取り組んでいます。